読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可容性の謎

C/C++セキュアコーディング (SEI SERIES・A CERT BOOK)

C/C++セキュアコーディング (SEI SERIES・A CERT BOOK)

翻訳していて、その中に Psychological Acceptability という言葉が出てくる。とりあえず「心理的受容性」と訳したが、これを「可容性」と訳せないかと考えた。

「可容性」をググると、なんと15000件も出てくるのだが、多くは「可用性」の間違いで、いくらか「可溶性」と間違ったらしきものもある。ことえりでは「可容性」なんて変換されないのだが、みんなどうやって入力しているんだろうか。acceptability の訳としては、やっぱり受容性でいいんじゃないかという気がしてきていて、「可容性」の謎だけが残ってしまった。

ところで、Saltzer の8原則のいい翻訳はどこかにありませんかね。