読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッカーを読め (7)

2007年発売 UNIX MAGAZINE Classic with DVD(DVD4枚付) に書いた記事を再掲。

銀河ヒッチハイクガイド

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

 本当はここでやめようと思ったのだが、やはりどうしても最後に「銀河ヒッチハイクガイド」を挙げておきたい。ハッカーもプログラマも登場はしないが、ハッカーに絶大な人気を博していると思われるからだ。著者はアップルマスターでもあったダグラス・アダムス

 今から20年前の1987年、シリコンバレーに長期滞在している最中に Connectathon という NFS の相互接続性テストイベントがあった。当時は UNIX ベースの様々なマシンが登場していた頃。テストしながら問題点を現場で次々に修正していくのだから、集まって来るのはカリカリのカーネルハッカー達である。

 受付をすませると資料と一緒に The Hitchhiker's Guideto the Galaxy のペーパーバックと、そのイラストをプリントしたTシャツが渡された。うれしそうにTシャツを来てペーパーバックを片手に楽しそうに語り合う参加者を見ていると、何を言っているのかはほとんどわからなかったが、彼らにとって特別な本だということだけはわかった。

 元々はイギリス BBC のラジオドラマとして作られたもので、アダムスは当日放送する脚本をその日に書いていたらしい。しかも、次回のことを考えずにストーリーを展開するハチャメチャぶりだが、まるで最初から計算していたかのようにまとめていくのは才能だろう。プログラムは書かずともやっぱりハッカーだったと思うのだ。原作はこのラジオドラマの脚本をノベライズしたものである。

 ハリウッドで映画化するのが作者の夢だったが、実現することなくアダムスは2001年に亡くなってしまう。皮肉なことに作者の死を機に映画化の話が進み、2005年ついに公開に至る。しかも、それまで3冊しかなく、しかも絶版だった日本語版が、シリーズ5作品を揃えて出版されることになった。これらを普通に書店で買える今の読者はすごくラッキーなのだ。映画のプログラムには、先に挙げたラッカーの翻訳者でもある大森望氏が文章を寄せている。

 本作品がコンピュータ業界に与えた影響は大きい。DEC の Babel Fish や、IBM の Deep Blue は作中のキャラクターに基づいているし、Google で「人生、宇宙、すべての答え」を計算すると42という答えがでることも一時期話題になった。そもそも Google の社名のヒントにもなっていると思う (同社のサイトによれば違う)。

 思い付くままに紹介してきたが、実のところ読書量はあまり多い方ではないので極めて偏った選択になっていると思う。これが入っていない、あれはどうしたという意見は山程あるだろうが、そんな談義をはじめるきっかけにでもなってくれれば幸いである。


銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫) 宇宙の果てのレストラン (河出文庫) 宇宙クリケット大戦争 (河出文庫) さようなら、いままで魚をありがとう (河出文庫) ほとんど無害 (河出文庫)

後記

「銀河ヒッチハイクガイド」の DVD がたったの1500円1000円で売っている。これはお買い得だ。まだの人は是非観るべし。

銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]

銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]

1981年に BBC で作られたテレビシリーズも DVD で入手可能だ。映画版に比べると全然チープなんだが、それがなかなか愛せる。うちには VHS ビデオもある。ビーブルブロックスは映画版よりもこっちの方が好きなのだ。MIB2 を観た時に「これだ!」と思ったのだが、映画版は全然違う造りになった。絶対 MIB2 の方がいいと思うんだけどなあ。

ブルーレイも出てますね。これは未入手だ。やっぱり買っとくかな。

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]