読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなくフラクタル

この日、一番気に入ったのは朴の木だ。入ってすぐ左手にある大きな朴の木の下に立ち幾重にも重なった葉を通して明るい空を見上げると、なにやら幻想的でもある。楓の葉を通して見る光も奇麗なのだが、朴の葉にはそれとはちょっと違う趣がある。大小様々な大きさの葉が重なって、なんとなくフラクタルな雰囲気を作っているからかもしれない。