読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今度は kernel_task だよ (3)

森山さんからのコメント:

うちの MBA の場合 kernel_task が出てくるのもシングルコア化問題と同じく単に温度の問題のようです。
シェルスクリプトで無限ループ回すプロセスを二つばかり上げて、そこで YouTube などの動画を流せばあっという間に kernel_task が 80%くらいになっちゃいますね。扇風機で冷やすとすぐに直りますけど。
今使っているのは二台目の MBA です。一台目のも同じ症状でしたが、アップルに聞いても修理法は確立していないとのことなので、初期不良ということで交換してもらいました。二台目も同じ症状ですので、結局、熱設計があまり良くないということなのではないかと思っています。

そうだよなあ、そうですよねー。やっぱりそれを疑わなくちゃいけないよねえ。でもまさかそんなことはと思ってたんだけどなあ…
今ちょっと不自由な環境にいるもんでそれを試せずにいたのですが、うちからクーラーパッド を持って来てもらって半日程実験していました。結果としては、森山さんの仰る通りオーバーヒートを防げば kernel_task の暴走もなくなりました。前の記事で、こんなことになんで気づかないのかと書いたのがお恥ずかしい。

実際には、ファンを回さなくても、クーラーパッドに乗せるだけで、かなり状況は改善します。

kernel_task の問題についてアップルのテクニカルサポートから回答がありました。「発熱すると kernel_task が CPU タイムを食いつぶすのは『仕様』」。だそうです。
え〜!? 発熱がひどくなるとダミータスク(kernel_task)をスケジュールして、実際には CPU を休ませておくことによって擬似的にパワーセーブしているんじゃないかと思っていましたが、それにしても「仕様」と言い切られるとは。

それは、ひどいなあ…

どこかで「kernel_task って殺しちゃいけませんか?」と訊いてる人がいて微笑ましく見ていたんだが、僕も殺したくなってきたぞ。

kill -9 0