読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sdif-1.19

sdif-1.19 をリリース。直前の 1.17 をリリースしたのは、実に7年半前だ。

http://www.srekcah.org/~utashiro/perl/scripts/sdif/

行末が DOS 形式の \r\n になっている時に、左側の内容が消えてしまう問題を解消するため。

これは、自分で使っているバージョンではなおっていたのだが、まだリリースしていなかった。ただ、手元のバージョンには、中途半端な HTML 対応のコードが入っているので、該当部分だけを反映してリリース。

sdif は、元々 Unix System V にあった sdiff のクローン。sdiff は、2つのファイルを左右に表示して、diff の出力を見やすく表示するコマンドである。BSD には sdiff がなかったので sdif を作ったのだが、さらにいくつかの機能を付け加えている。ただ、おそらく最近使われているのは GNU のもので、今マニュアルを読んでみると、System V の sdiff に比べて、ずいぶんと機能が増えているようだ。

ちなみに、この記事はサイパンから。